教会の意思決定

「神を体験する」の本の中でとても印象に残っている箇所があります。

「教会の意思決定」という以下のページです。(P189-190)

「サスカートンの私たちの教会に神が指示を下さるときは、神は私以外の人に指示をよく下さいました。多くの神からの指示は神からの明確な指示を受けたと確信した『からだ』を構成する教会員から知らされ、『からだ』はそれを分かち合いました。神が私たちのあるべき姿とか、これから何をすべきかを導いて下さっていると感じたことを教会員が分かち合えるような時を作りました。私たちの願いは、誰がそれに賛成し、誰がそれに反対するかを見極めることではありませんでした。教会総会で私たちは決して『この問題に賛成の方は何人で、反対の方は何人ですか』と言うような投票による議決はしたことがありません。それは誤った問いかけです。そのような問いかけをする度に、それは教会を分裂させてしまう可能性を含んでいるのです。

正しい問いかけは『あらゆる情勢や、また私たちが今まで行って来た事について祈って来た事から、何人の方がこの方向に進むべきだと神が明確に導いて下さっていると信じますか』です。

ですからこれは全然違う質問です。それは教会員に『彼らの』意見を聞いているのではありません。それは教会員に神の教会について神が何と言っておられるかを感じているかに基づいて投票するように問いかけているのです。難しい問題の場合には、私たちは討論をしたその当日には結論を出さないようにしていました。これは他人を説得しなければならないというような心理的圧力から人を解放する効果がありました。討論の後は祈りのためと神のみ心を求めるために時間を取るようにしました。

55%の教会員が『神は明確にこの方向に進みなさいと導いて下さっていると信じる』と投票し、45%の教会員が『神はこの方向に私たちを導いて下さっているとは思わない』と投票したとします。私たちはどうしたと思いますか?私たちは計画を実行に移しませんでした。教会員たちの考えは次の二つの事を牧師としての私に言っているのです。

(1)神はその方向に私たちを導いて下さっているようだ。しかし、

(2)『かしら』(キリスト)が『からだ』全体を同じ考えにまとめていないので、今それを行う時ではない。

私たちは55%の人がそう信じたのですから、神がその方向に間違いなく導いて下さっていると感じましたが、同時に45%の人たちが理解をするのに至っていないので時が未だ熟していないと言うことを知りました。

私たちは祈り、働き、神のみわざを見守りました。私たちを通して神が行いたいと願っていることを『かしら』が『からだ』全体に分からせて下さるように願いました。神が関わり、私たちを同じ心、同じ思いを抱くようにして下さったのです。

 どうか、忍耐と励ましの神が、あなたがたを、キリスト・イエスにふさわしく、互いに同じ思いを持つようにしてくださいますように。それは、あなたがたが、心を一つにし、声を合わせて、私たちの主イエス・キリストの父なる神をほめたたえるためです。(ローマ15:5-6) 

さて、兄弟たち。私は、私たちの主イエス・キリストの御名によって、あなたがたにお願いします。どうか、みな一致して、仲間割れすることなく、同じ心、同じ判断を完全に保ってください。(Ⅰコリント1:10) 

私たちは神がそのようにして下さる事を信じました。

人は私によく、『あなたは何時も100%の賛成を得られるまで待つのですか』と聞きます。そうではありません。私は主との交わりを持たずに、神の声を聴くことができない人が一人かあるいはそれ以上いるかもしれない事を知っています。あるいは意図的に神に従わない人がいるかもしれません。しかし教会は通常大多数の方が賛成するまで待つようにしています。

『からだ』の賛成しなかった方たちに対して私は怒ったり、失望したりはしません。彼らの不賛成は主との交わりに問題があったのかもしれない事を示しています。牧師として私は彼らが主との正しい交わりに戻れるように私を通して神が働けるように備えをしています。私は、何時もこの事については深く祈らなければならなかったし、神が導いて下さることによってのみ答えが与えられました。

以上の箇所になります。

 

通常、教会では役員会や総会で多数決により教会の色々な事案を決定していると思います。これは「教会員に『彼らの』意見を聞いている」可能性が高く、意見は分裂し、自分の意見が通らなかった場合に苦々しい思いを持つかもしれません。

けれど、私たちキリストの「からだ」の内には「聖霊なる神」がおられ、私たち一人一人が『かしら』なるキリストの御心を求めるなら、必ず『からだ』全体に分からせて下さり、私たちを同じ心、同じ思いを抱くようにして下さるのだと分かります。

教会の意思決定に限らず、聖霊は私たちを「御霊の一致」「信仰の一致」「神の御子に関する知識の一致」に導いて、「キリストの満ち満ちた身たけ」「かしらなるキリストに達する」ようにしてくださいます。

そして「からだ」である教会員はそれぞれの賜物を用いてしっかりと結び合わされ、組み合わされて成長して愛のうちに建てられる。そんな教会でありたいと思います。 

「さて、主の囚人である私はあなたがたに勧めます。召されたあなたがたは、その召しにふさわしく歩みなさい。謙遜と柔和の限りを尽くし、寛容を示し、愛をもって互いに忍び合い、平和のきずなで結ばれて御霊の一致を熱心に保ちなさい。からだは一つ、御霊は一つです。あなたがたが召されたとき、召しのもたらした望みが一つであったのと同じです。主は一つ、信仰はひとつ、バプテスマは一つです。すべての者の上にあり、すべてのものを貫き、すべてのもののうちにおられる、すべてのものの父なる神はひとつです。」(エペソ4:1-6) 

ついに、私たちがみな、信仰の一致と神の御子に関する知識の一致とに達し、完全におとなになって、キリストの満ち満ちた身たけにまで達するためです。(エペソ4:13)

 むしろ、愛をもって真理を語り、あらゆる点において成長し、かしらなるキリストに達することができるためなのです。

キリストによって、からだ全体は、一つ一つの部分がその力量にふさわしく働く力により、また、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、結び合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。(エペソ4:15-16)