精神医学の目的

精神医学の目的が以下の事であると知りました。  

世界精神保健連盟の元会長で、共産主義者であるブロックチショルムはホワイトハウス内で下記の7項目の実現を宣言しました。1948年(肉声のテープが現存)

1. Destruction of the Constitution 憲法の破壊 (憲法改正の要件緩和、憲法を無視した行政手続きの黙認など)
2. Eradication of boundaries 国境の破壊(→世界政府、自由貿易化、TPPなど)
3. Easy seizure of anyone. 簡単に誰をも拘束する (→措置入院児童相談所などによる一時保護、医療保護入院
4. The "right" to torture or kill. 拷問、殺人の”権利” (→電気ショックの施術、薬物による自白の強要、精神病院内での殺人など)
5. Eradication of all churches  全ての宗教の撤廃 (→「科学的でない」を理由とした宗教の否定、宗教教育の撤廃など)
6. Destruction of sexual morality. 性道徳の破壊 (→フリーセックスや不倫の許容、ポルノ要件の緩和、風俗産業の容認など)
7. Deprivation of future leaders by the creation of dope addiction in schools.学校での薬物常用によって未来のリーダーを奪い取ること(→発達障害や子どものうつなどを理由にした向精神薬の投与)

この目的の殆どが、現在「精神医療」を通して実現している状態ではないでしょうか。

 そして、これを読んだ時に、その背後にいるサタンの事を思わずにはいられませんでした。

悪魔は初めから人殺しであり、真理に立ってはいません。彼のうちには真理がないからです。彼が偽りを言うときは、自分にふさわしい話し方をしているのです。なぜなら彼は偽り者であり、また偽りの父であるからです。(ヨハネ8:44) 

不法の秘密はすでに働いています(Ⅱテサロニケ2:7) 

私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗闇の世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。(エペソ6:12) 

  多くの方々が精神医学(医療)の真実を知り、尊い命が守られますように。