友の渇き

昨日はYさん主催の未信者を対象とした「聖書の会」でした。

私は2年くらい前から声をかけて頂いて参加しています。

この会に今、神さまが働かれていて

お二人が6月に信仰告白をされ

もう一人はご主人との問題を抱えて苦しんでいるので、夏休みに教会の牧師にカウンセリングをして頂く事になっています。

さらに、もうお一人はずっと聖書の会に参加されていなかったのですが、数か月前から急に参加されるようになり(来ても会が終わる頃の参加が多かった)、やはりご主人との関係、子どもの不登校の事などの悩みを抱え、先月の会では涙を流しておられました。

「『聖書の会』が今の自分にとって大切な場所です。」とおっしゃり、

昨日は開始時間前に到着し、真剣な顔で聖書の学びに取り組む姿勢、一言も漏らさないように聞き入る姿勢に彼女の「渇き」を強く感じ圧倒されました。

「渇き」を癒す事ができる唯一のお方、主イエス御自身に彼女が出会い、永遠のいのちへの水がわき出ますように。 

エスは答えて言われた。「この水を飲む者はだれでも、また渇きます。しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。」(ヨハネ4:14) 

今日はOL時代の親友に会いに東京駅に行って来ます。彼女は私に「愛」を教えてくれた人です。当時、罪責感に苦しむ私を励まし、肯定的な言葉を沢山かけてくれました。入社1年で部内異動にあって、その課で働く事に誇りと夢を持って働いていたのが1年でその夢が断たれて落ち込んだ私に「上司はMIKUちゃんの事を何も分かっていない」と怒って一緒に泣いてくれました。

彼女は今、シングルマザーでお子さん二人を抱えて頑張っています。今日は久し振りにお互いの近況報告をして来ます。イエスさまの証しも携えて行ってきます!