イシュマエル(2)

【欧米人になぜイシュマエルの名がないのか?】

キリスト教がヨーロッパ、ロシア、アメリカに拡がっていき、欧米の人々は、生まれた子どもに聖書の中の人物からその名を引用して命名した。そして男性に限ってではあるが、好まれる名前のベスト10を挙げると

1、デイビッド(ダビデ)2、スティーブン(ステパノ)3、ポール(パウロ)4、マーク(マルコ)5、アダム 6、ロバート 7、リチャード 8、マイケル(ミカエル) 9、クリストファー 10,フィリップ(ピリポ)

だそうである。これを見ても、いかに聖書の人名が多いかがわかる。その他にもアブラハム、イサク、ヤコブ、ペテロ、ヨハネ等枚挙にいとまがない。しかしイシュマエルの名だけはない。皆無ということはなかろうと思い、以前から親しい何人かの米国宣教師に聞いてみた。「知人、友人にイシュメール(イシュマエルの英語)の名はあるか。あるいは生まれた子どもに、この名を付ける可能性はあるか」などの質問をしたところ、答えは「ノー」であった。「おそらく欧米人では決してこの名を子孫には付けないだろう」ということであった。なぜこれほど、この名前が嫌われ、避けられるのであろうか。

誰でも自分の子には好感のもてる名、評判の良い、縁起の良い名を付けるのが人情であろう。反面、そのイメージに反する名前は忌避されることになる。

少し前、日本でも自分の子に「悪魔」と命名して物議をかもした事件があった。結局、市役所が子どもの将来の為によからずと受理しなかった。

イシュマエルは物語の状況から、追放された者、のけ者、宿無し等のイメージを涌かせるためか、あるいは聖書の「彼は野生のろばのような人になる。彼があらゆる人にこぶしを振りかざすので、人々は皆、彼にこぶしを振るう。彼は兄弟すべてに敵対して暮す。」(創世記16:12)の預言が与えるイメージのためか。でもこれは読み方によっては、とても独立独歩の男らしい姿にも映る。

とにかく欧米ではイシュマエルの名はタブーであるようだ。しかし欧米を離れて中東のイスラム教圏では、この名前は名誉ある人気のある名前となる。「イスマエル・・・・」の名は、エジプト、パレスチナイラクなどのアラブ世界で、トルコやイラン、インドネシアなどのイスラム教世界ではよく目にする名前である。まるで「イシュマエル」の名は二つの世界で寸断されているように映る。そしてこの名の発祥であるユダヤ人の名にも、古い時代にはイシュマエルの名の人物が見られるが、ある時代からはなくなる。その分水嶺となる歴史的事件は7世紀に始まるモハメッドによるイスラム教世界の出現であろう。そして11-13世紀に亘る十字軍の聖地争奪戦争の中で、この二つの世界、キリスト教世界とイスラム教世界の対立、亀裂状態は決定的になったのではないだろうか。「イシュマエル」は同じ一神教の祖、アブラハムの長子としてイスラム世界の象徴となり、先祖となった。

そして「イサク」は同じアブラハムの正統の子孫としてユダヤキリスト教世界の象徴となり先祖となった。そしてイシュマエルの名は、ユダヤキリスト教世界から切り離された。

※この後、小説『白鯨』の主人公で語り手でもある名前を「イシュメール」としていた事についての説明がありましたがそれは省略します。

今でこそ傑作とされるこの文学作品は、当時は清教徒的世論の批判を浴びて、メルビルの作品は売れなくなり、作家生活は立ち行かなくなって没落してみじめな生涯を彼は終えることになった。今は亡き清水 氾先生(奈良女子大教授で英語学者)の解釈によれば、この白鯨は、メルビル自身も影響を受けていたかもしれない当時流行の理神論の神の象徴であると言う。この神は創造主ではあるが、人間の運命には無関心であると説かれていた。その神に立ち向かったエイハブ(アハブ)そして生き残ったイシュメール(イシュマエル)。その名前こそが当時の清教徒たちの心理を逆なでしたものだったかもしれない。たった一人欧米人の中で、小説の中とは言え、その名が付けられたイシュマエル。これでさえタブーを犯すものとして嫌悪されたとなれば、今日尚、欧米の神学の影響の中にある日本の学者や牧師たちが、この名にびびるのは無理もない。

しかしぼくは思う。これは後世の歴史の出来事、十字軍の運動などはヨーロッパに大きな影響を与えた。これによってヨーロッパに入って来たイスラム文明。この中には古代ギリシャやローマの文化や文明が高度に保存されており、これをもとにヨーロッパのルネッサンスが起こったとされている。

しかし十字軍の動機や原因は聖地を解放するというのは口実で、実際はイスラム諸国の富と物への貪欲さであり、しばしばイスラムへの刃は近隣の弱いユダヤ人に向けられ、彼らを虐殺し、金品を強奪した。この十字軍運動が決して正しい信仰的動機や正しいイエス・キリストの福音理解に基づくものではない。これによってもたらされたキリスト教イスラム教との敵意とか偏見が歴史を遡行して原典の聖書解釈に影響するとしたら、それは果たして正しいことだろうか。

未だに米国のキリスト教会の一部が堂々と、キリストの福音伝道にクルセード(十字軍)と言う用語を使用するのは理解できないことだ。これは一種の歴史的音痴か、自分たちだけがいつも正義であるというパリサイ的傲慢さかのどちらかであろう。

むしろそんな十字軍やユダヤ人迫害の歴史的体験や伝統のない、私たち日本人がふつうの日本人的感性によって、じかに原典の聖書を先入観や偏見なしに、白紙のままの心で読んだときの感動や印象の方が、より神が言わんとしておられる真髄を汲み取ることが可能なのではないだろうか。(3)に続く