子どもの死

f:id:jesusdiary621:20170526091244j:plain

 「小さな羊」

 

子どもの死は常に悲惨なことだ。

人々はこれを、神の不当な仕打ちと言う。

けれども、神は決して不当なことをしておられるわけではない。

もし神が私たちの子どもに十年の年月しか与えてくださらなかったとしても、

私たちは、その十年のために感謝すべきである。

 

私は、主がこのような出来事をも良い目的のために用いてくださることを知っている。

ある時、子どもを失ったひとりの母親の話を聞いた。

彼女はひどく惨めで反抗的な気持ちになっていた。

ある日重い心を引きずり、ひとりで野原を歩いていた時、

目の前に羊の群れがいるのに気付いた。

羊飼いは、次の草原へ導くために細い橋を渡らせようとしていたが、

羊たちは、ゆらゆらする橋に足を乗せることを嫌がり、右往左往するだけで、

羊飼いに従おうとしなかった。

羊飼いはついに、母羊の柔らかい毛に寄り添っている子羊を一匹つかみ、

肩に担いで橋を渡り、向こう側の牧草地に下ろした。

母羊はすぐに大きな声をあげながら、後から橋を渡った。

他の羊も皆、それについて行った。

 

子どもを亡くした母親はじっとそれを観察していたが、

はっと気づいた。

 

これは自分へのメッセージであると。

 

彼女は、良い羊飼いが

 

「わたしのところに来なさい」

 

と呼びかける声に聞き従わず、長い間頑固に自分の道を歩んできた。

ところが今や神は彼女の幼い息子を取り上げ、向こう側へと安全に運んでくださったのだ。

 

神の目的は彼女をご自身のもとに来させることであり、

これによって多くの人々を救いへと導くことであった。

 

彼女は主のもとに行き、自分の心と人生を神にささげた。

それ以来、彼女は多くの人に証しをするようになり

「良い羊飼い」を見つけるのを助けるようになったのである。

 

          コーリー・テン・ブーム   「何という愛」より

 

読後、次の聖書箇所を見つけた。 

 

主は羊飼いのように、その群れを飼い、

御腕に子羊を引き寄せ、ふところに抱き、

乳を飲ませる羊を優しく導く。(イザヤ40:11)