読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫉妬

「嫉妬」
 
神のいのちの表れである御霊の実と対比して、肉の働きを見ています。
 前回の肉の働きの中に、「そねみ」と「ねたみ」という言葉がありました。
 覚えていますか。
 「そねみ」は、漢字では「嫉み」です。
 「ねたみ」は漢字では「妬み」です。
 似たような言葉ですが、意味はどう違うのでしょうか。
 辞書によれば、「そねみ」とは、人のことをうらやましく思い、自分に劣等感を抱くことだそうです。
 また、「ねたみ」とは、人のことをうらやましく思い、相手に悪意を抱くことだそうです。
 二つの言葉を合わせると、嫉妬(しっと)となります。
 すごいことですね。
 2000年前の聖書の時代の人たちは、どれだけ学歴があったか分かりませんが、これらの言葉の意味と、その違いを知っていたのです。
 その言葉の違いを知っていたということは、人のことを「そねみ」「ねたむ」経験もしており、その経験を特定の言葉で表現していたわけです。
 当時の宗教家たちがイエスを十字架につけようとしていたのは、「ねたみ」のためであったことを、裁判の席にいたローマの総督ピラトには分かっていました。
 
「そねみ」と「ねたみ」
 あなたはこのどちらの経験がありますか。
 わたしはですか。
 どちらかと言えば、「そねみ」の方です。
 
この肉の働きのことをよく知っていたので、パウロイエス・キリストを信じているクリスチャンたちに対して、神のいのちから遠く離れてしまうことを警告しています。
 =========
 エペソ4:17-19
 そこで、わたしは主にあっておごそかに勧める。
 あなたがたは今後、異邦人がむなしい心で歩いているように歩いてはならない。
 彼らの知力は暗くなり、その内なる無知と心の硬化とにより、神のいのちから遠く離れ、
 自ら無感覚になって、ほしいままにあらゆる不潔な行いをして、放縦に身をゆだねている。(口語訳)
 =========
 これは2000前の聖書の時代の人たちだけの問題でしょうか。
 次回に続きます
 
浜崎英一
 

御霊の実の反対

  •  
    「反対から見ると」

    神のいのちを意識することの大切さを学んできました。
    また、反対側からこれを見ることもできます。
    神のいのちではないものは何かということです。
    神のいのちの表れとして、9つの御霊の実について見てきましたね。
    覚えておられますか。
    愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、柔和、自制でした。
    それに対比するかのように、聖書にはその少し前に、「肉の働き」が記されています。
    =========
    ガラテヤ5:19‐21
    肉の働きは明白である。
    すなわち、不品行(姦淫)、汚れ(わいせつ)、好色、偶像礼拝、まじない(魔術)、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、分裂、分派、ねたみ、泥酔、宴楽(遊興、酒宴)、および、そのたぐいである。
    わたしは以前も言ったように、今も前もって言っておく。
    このようなことを行う者は、神の国をつぐことがない。(口語訳)
    =========
    沢山出てきました。
    日頃の生活の中で、自分の中に、この全部ではなくても、この中のいくつかの肉の思いが起こってくることがありますか。
    わたしはあります。
    いつもではないのですが、何かの時に起こってくる思いがあります。
    ここに挙げられている一つや二つであっても、それは肉の思いですから、神のいのちとは全く違うものです。
    このような思いを心にもった時、ああ、今、わたしの中にある、この思いは肉の思いであって、神のいのちではない、と意識できますか。
    そのように意識しないまま、それを普通のこととしてほっておくこともできます。
    そのいやな思いを意識できれば、対処の仕方も分かりますね。
    十字架です。
    「肉の思いは死であるが、御霊の思いはいのちと平安である。」(ローマ8:6)

    浜崎英一
     
     

いのちを得させる義

 
☆順番が前後してしまいましたが、「身に着けるもの」の一つ前の記事の転載です。
 
 
「神のいのち」シリーズとして、このテーマは昨年12月から3か月余り続いてきました。
マリヤは聖霊によって身重になりました。
この処女降誕が事実であると信じている人たちは
更に信じなければならないことがあります。
 
主イエスを信じている人たちも、
聖霊によって「新しいいのち」をもらっているということです。
 
このことをハッキリするために「神のいのち」について、ずっと学んできました。
 
けれども、あたらしいいのちの人でも、
以前として「古いアダムのいのち」、「肉のいのち」で生きていることもあります。
そのように思ったことはありませんか。
そこが問題ですね。
 
聖書によれば、イエス・キリストを信じる人は
罪を赦され、義とされます。
しかし、義とされるというのは、
ただ罪が赦されたというだけではありません。
 
義とされた、その結果として、「新しいいのち」が与えられています。
その義は、「いのちを得させる義」だからです。
 
それは特別な人だけにではなく、信じるすべての人に及んでいます。
 
 
「もし、ひとりの罪過によって、そのひとりをとおして死が支配するに至ったとすれば、まして、あふれるばかりの恵みと義の賜物とを受けている者たちは、ひとりのイエス・キリストをとおし、いのちにあって、
さらに力強く支配するはずではないか。このようなわけで、
ひとりの罪過によってすべての人が罪に定められたように、
ひとりの義なる行為によって、いのちを得させる義がすべての人に及ぶのである。」(ローマ5:17-18 口語訳)
 
パウロによれば、主イエスを信じて、恵みと義の賜物とを受けている者たちは、
イエス・キリストをとおし、いのちにあって、さらに力強く支配するはずなのです。
アダムの罪によって死が支配するようになった、
それ以上に「いのちによる支配」が始まっています。
 
それは信じる者の内におられるキリストによってであり、
その「キリストのいのち」によってです。
そして、そのいのちとは、
主イエスを信じて、義とされた結果として与えられている「いのち」です。
 
「もし、キリストがあなたがたの内におられるなら、 
からだは罪のゆえに死んでいても、 
霊は義のゆえに生きているのである。」(ローマ8:10 口語訳)

 

 
このみ言葉を信じられますか。
 
浜崎 英一 聖書のみ言葉の黙想より転載

「身に着けるもの」 

 

自分が無視されたり、傷つけられたりした場合、その人を赦すことは、そう簡単ではありません。

 

身近な人間関係の中で、そういう経験をすることはありませんか。

赦さなければと頭で思っていても、感情的に赦せません。

心が傷付いている場合は、なお更です。

あなたは赦さないといけないよ、と言われても

出来ない自分がいます。

 

「もう赦した、赦した」と声を荒げることもあります。

このような人間関係の難しさを経験したことがありますか。

 

ところが、聖書はただ、赦す赦さないだけを問題にしていません。

それは表面的なことです。

赦すためのいのちが必要です。

いのちの表れが必要です。

それは御霊の実です。

次のみ言葉は黙想するのに、素晴らしいみ言葉です。

 

だから、あなたがたは、神に選ばれた者、聖なる、愛されている者であるから、あわれみの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい。

互いに忍び合い、もし互いに責むべきことがあれば、ゆるし合いなさい。

主もあなたがたをゆるして下さったのだから、

そのように、あなたがたもゆるし合いなさい。(コロサイ3:12-13 口語訳)

 

ここにはいくつかの御霊の実が出てきます。

憐れみの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容です。

これを身に着けなさい、と言われています。

 

どのように身に着けるのでしょうか。

このみ言葉によれば、まず自分がどのような者であるかを思い出すことです。

 

キリストを信じているあなたは「神に選ばれた者」です。

本当ですか。

み言葉によれば、本当です。

 

あなたは、神の目には、キリストにあって「聖なる者」と見られています。

信じられますか。

 

このみ言葉を信じれますか。

あなたはキリストにあって、「神に愛されている者」です。

こんなわたしがですか。

そうです。

神はあなたに目を留め、

あなたのことを心にかけ、

あなたのことを大切な人と見ておられます。

ですから、まずは、自分がそのような者であることを信じ、受け入れ、

その愛のうちにとどまることです。

 

では、現実はそのようなものではないと思える自分はどうなるのでしょうか。

 

主イエスを信じて救われた人たちは、

現実のどうしようもない、その自分が出てくるたびに、

その肉の自分は十字架に死んでいることを認めなければなりません。

その十字架のことがハッキリしていないと、

聖書の言っていることは現実離れしたきれいごと、理想の教えにしか思えません。

次回に続きます。

 

浜崎 英一  「聖書のみことばの黙想」からの転載